モテない管理人が出会い系で女の子と会った本当の話!

非モテ男が実践した出会い系攻略法!

メールテクニック

女の子が返信したくなるメールの書き方とは!

投稿日:

返信されるメールの書き方

出会い系を始めて最初につまづくところといえば、メール関係かもしれません。管理人は、そうでした。ファーストメールの書き方や読まれるタイトルの付け方、返信されるメールの書き方などです。

だって最初の頃は、ファーストメールを送っても全然返信されないわけですから!確かに、送る相手を間違っているのかもしれません。でも、それにしても全く返信されないのは、どう考えてもメール自体に問題があるとしか思えないわけです。

さらに、細かいことを言えば、メールを送るタイミングも関係しているのか、そもそも女の子が気を引きそうなメールって、どんなものなのか全く分からないわけ!まあ、自分で自分のメールを読み返しても、これじゃあダメだなということだけは分かるわけ!だって”つまらない”から!

でも、この”つまらないメール”を面白くする(女の子が興味を持ってもらえる)メールにできないわけです。どうしたらいいのか、見当もつかないわけ!

そもそも出会い系サイトで女の子との接点を作るのは、今も昔もメールなわけです!ここは、全く変わっていないわけです。でも、それだけ大事なメールですが、どうやって書いたらいいか分からないわけ!

だから友人に食事を奢って、メールの書き方とか教えてもらったわけ!まあ、教えてもらっても上手く実践できていない時間が長かったわけですが・・・

女の子の気を引くメールの書き方

ここからは、管理人が実際に友人に教えてもらって、自分なりにアレンジしたメールの添削事例を紹介します!ちなみに友人に教えてもらったことの1つに、女の子とのメール(ファーストメールを含む)は、事実に即した内容が好ましいというものがありました。

要は、普段の生活の中から話題を見つけてネタにするわけです。

体験してもらう

一例を示します!

これ、管理人が出会い系を始めた当初のファーストメールです。管理人は、普段サラリーマンをしているので外食が多いわけです。そこで食事ネタで攻めようと思って考えたメールです。

この前、営業中に先輩と昼食で入ったお店が凄く美味しかったから、こんど一緒に行きませんか!

上記の文を友人に添削してもらって作り直したのが、下記です。

この前、仕事で初めて降りた駅があったんだけど、駅前が凄くお洒落なお店が多くて、駅前の脇道を1本入って奥に進むとザ・隠れ家って感じのイタリアンのお店があったわけ!入口がアンティークな感じで、『これは当たりな店だ!』って直感したから、昼食ついでに思わず入ってみたんだよね。

すると店内もアンティークな木造り!しかも、雰囲気がよくて、料理もイタリアンの創作料理で美味しいわけ!ランチメニューも良かったけど、夜のメニューも豊富だったね。

店員さんに聞いたら、夜はもっと雰囲気よくなりますよなんて話していた!口コミで人気があるなんて話!また、ワインやビール・焼酎といった酒類も豊富で、男友達と飲むのに最高だと思ったね!でも、落ち着ける場所だったから、男女2人でもおすすめな感じ!今度2人で行ってみない!

こんな感じです。まず、最初に言われたことは、相手が想像しやすいようにリアルな内容が好ましいと言われたね。やっぱり、女の子って相手のメールから、相手のことや相手と一緒に行動した時のことを想像するから、想像しやすいようにリアルに話しかけるのが効果的なんだって!

さらに、食事に誘うなら、そのシチュエーションを想像できるように書いてあげるのがポイントなんだって!そうしないと、わからないから!

そもそも何で女の子からの返信が無いかというと、内容が薄くて想像できないことが一番の原因なんだって!だから、その女の子に合っているかどうかは別にして、まず『ボクとなら楽しい時間を過ごせますよ!』っていうことをアピールする必要があるわけ!

お店の雰囲気や食事風景を想像できる内容にしてあげれば、女の子が勝手に選別するだけだから!そこで、まあ食事ネタなら女の子も嫌がらないから、ちょうどいいわけ!

要は、そのメールを読んだだけで、実際に自分が体験しているように思わせるわけ!そこで楽しそうなら興味を持って返信してくるし、楽しくなければスルーするだけ!返信がないのは、そのメール内容から、自分が体験できないことに問題があるわけ!

食事ネタで攻めるなら『昼食で入ったお店が凄く美味しかったから、こんど一緒に行きませんか!』じゃ分からないわけ!リアルさを感じないから体験できない!女の子の心をグッとつかむコツは、まず相手に文章で自分がその場にいるように体験させることなんだよね!これができる人が、返信をもらうわけ!イケメンかどうかなんて、全然関係ないわけ!文章で楽しさを伝えることができる男が勝つわけ!

なお、文章で楽しさを伝えるには、ある程度長い内容になってしまいます。文章が長いと相手の読む気を無くすなんてことを心配する方もいます。確かにそうですが、内容のない短い内容で女の子の心をつかめる方は、その方法を貫くべきです。

でもね、それが出来ないから悩んでいるんですよね!なら、相手が思わず読んでしまいような内容の濃い文章(ある程度長い文章)なら問題ないと思っています。受け手となる女の子が共感してくれるなら、多少は長くても問題ないはずです。逆に『こんなに詳しく書いてくれた!』なんて喜んでくれる方もいますから!

伝えたいことは、多少長くなってもしっかり伝えるほうが良いはずです。そして余計なことは省く!大切なことは、メリハリです!

一般的に女性の心をグッとつかむには、この体験と共感が大切だと言われています。両方とも相手の感情に訴えるものですね。上記の例のように、体験はファーストメールに使えます。対して共感は、ある程度メール交換できるようになってから、有効です。ファーストメールのような、お互い知らないような関係で相手の共感を得ようとしても無理です。

だって共感は、相手に多少なりとも興味がある状態でないと効果が薄いからです。相手のことを知りたいという気持ちがなければ、共感を得ようとしても無理なのです。まず、ファーストメールで自分に興味を持ってもらい、その後、関係を続けていくうちに親しくなってからのほうがいいです!

ここでは、ファーストメールで相手に返信したくなるような内容にするには、どんなことを書いたらいいのかについて1つの方法を提示したにすぎません。これから先は、皆さんが自分だけの勝利の方程式を作り上げ、女の子との関係を深めていってください。

注目!

-メールテクニック
-,

Copyright© 非モテ男が実践した出会い系攻略法! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.