【ゴミ屋敷とトイプードルと私/億女tuberまみりこ(1巻~3巻)感想】最近よくありそうな、ドン底極貧ライバーの成り上がりストーリーだけど、そんな上手くいかないよね!

ヒューマンドラマ

ゴミ屋敷とトイプードルと私/億女tuberまみりこ(1巻~3巻)感想(少しネタバレあり)
池田ユキオ

ゴミ屋敷とトイプードルと私/億女tuberまみりこ(1巻~3巻)感想

最近よくありそうなネタなんだけど、コレが読み始めると止まらなくなるのが『ゴミ屋敷とトイプードルと私/億女tuberまみりこ』です。これ『ゴミ屋敷とトイプードルと私』の『億女tuberまみりこ』編!一応、本作の30巻目から『億女tuberまみりこ』編なんだよね!このシリーズは、どこから読んでも興味深く読めるので気に入ってます。ただ、『まみりこ』編は、かなり長編になっているよね!

ストーリーは、貧乏・元アイドル”まみりこ”が主人公!本作では、WetTuberとなっているけど、ユーチューバーをテーマにしている作品ということは分かる!アイドルを辞めてしまったのかな?WetTuberに転身して、再起を図ろうとするけど、アンチばかりで登録者数も全然増えていかない!最近では、節約生活みたいなことをやっているけど、バズることがない現状!

そんな時、WetTubeの影の大物なんて言われているチームZからルームシェアのお誘いがくる!どうも、最近バズった不審者撃退動画で注目されたみたい!そこで勇んでオーディションを受けに行くんだけど、まみりこは落とされちゃった感じだね!でも、この後、合格したメンバーを罠に嵌めて落選させて、事前に色目使っておいた男に自分を推薦させて、駆け込みで最後の合格者として繰り上げ当選しちゃうわけ!

まあ、この手の企画もどうかと思うけど、まみりこもエゲツナイよね!しかも、メンバー1人を追放できる権利まで勝ち取っちゃうし!”あざとかわいい”の代名詞と言えなくもない!

でも、まみりこ編の表紙って、まみりこが裸一貫のタスキをかけているけど、どうやったらこうなるのか?多分これが最後のオチなんだろうけど、凄く気になって仕方がない!