【マウンティングママ友が、全てを失った話(1巻)感想】保育園のママ友が、こんな自己中な人だと凄く嫌!まともな母親って一番気苦労が多いかもしれない!

ヒューマンドラマ

マウンティングママ友が、全てを失った話(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:まどな、漫画:ameno*

マウンティングママ友が、全てを失った話(1巻)感想

タイトルが気になって読んでみたのが『マウンティングママ友が、全てを失った話』です。ストーリー自体は、タイトルの通り!まともな母親の”まどなさん”が、保育園のママ友、円城寺にマウンティングされ、付き合い方に困ってしまうというストーリー!まあ円城寺は、マウンティングというより、自己中なんだよね!みんなの中心にいないと気が済まないったタイプの女性!初めてのランチで、円城寺は自分の家族のことをベラベラ喋っていたけど、この手のタイプとの付き合いは逆に疲れる!

でも、まともな母親ほど、こんな自己中なママ友に付きまとわれるのかもしれない!ただ、円城寺も確かにマウンティングしてくるけど、命令してくるのは嫌だよね!

また本作は、少し円城寺を大げさに描いていたりする感じもする!まあ、よくいるタイプではある!ただ、第三者として少し冷静に考えると、この手のタイプの人がダメになっていくのを見るのは確かにスカッとする!ただ、それを傍観して喜んでいるのもどうかと思ってしまう!

やっぱり、当事者にしか分からないこともあるんだろうけど、この手のストーリーはいろいろ考えさせられることが多い!