【親友偽装~墜ちた陰キャは恐ろしい~(1話~2話)感想】面白くなるのは3話以降か?ボッチ地味子は、無理して陽キャ女子に関わらない方がイイのかも・・・

親友偽装~墜ちた陰キャは恐ろしい~(1話~2話)感想(少しネタバレあり)
木元紀子

親友偽装~墜ちた陰キャは恐ろしい~(1話~2話)感想

3話以降が面白くなりそうと思ってしまったのが『親友偽装~墜ちた陰キャは恐ろしい~』です。まあストーリーとしては、友達を装って近づいてきたのが、実は自分を罠に嵌めようと企んでいる相手だったというストーリー!

極力他人との接点を避けてきた陰キャなボッチ地味子の真衣!そんなある日、陽キャ軍団の1人、明花莉が話しかけてくる!もともと真衣って昔は友達もたくさんいたみたいだけど、父親から教わった読心術を使って、友達の心を深読みしすぎた結果、友達がいなくなってしまった過去があるんだよね!

まあ、子供の頃って人の心を無神経に読んで不快にさせちゃうことあるよね!KYも問題だけど、読みすぎも問題!だから真衣は、1人で地味に生きたんだよね!そんな時に話しかけてきたのが明花莉なわけ!

最初は、怪訝な感じもした真衣だけど、明花莉と一緒にいることでキラキラした日々を送ることになる!そんなある日、明花莉がパーティーに行かないかと誘ってきた。そのパーティーで知り合ったのが長本!

なんかもう世間知らずの女の子がいきなりキラキラした世界に飛び込んで、どんどん深みにハマっていく展開が怖い!どこでどんでん返しがくるかと思ったら、この長本が、なんか怪しい!そもそも明花莉と長本がグルになって真衣のことをハメようとしている感じだけど、何をするのか興味津々!

ある日、明花莉の部屋で長本を含めて鍋パーティーをすることになったけど、そこでうっかり部屋が小さくなり困っていることを漏らしてしまう真衣!結局、不動産を扱っている長本に勧められて、部屋を借りてしまうわけだけど、家賃が今までよりも3万円も高くなる!

そして、この日を境に明花莉たち陽キャ軍団が真衣を無視するようになる!その前に明花莉の『そろそろかもね』の顔怖すぎる!絶対に悪だくみしている顔!会社でも明花莉なちんい無視というか、赤の他人みたいな対応をされて困惑する真衣!

もともとボッチだった真衣だけど、陽キャの仲間入りをした今では、1人でいることが辛くなってしまう。結局、この辛さに耐え切れず、会社を辞めてしまうが、家賃やらいろいろ出費がある現実を思い出すと、どうしたらいいか分からなくなってしまう。

思いつめた真衣が向かった先は、夜の海!頼みの長本も会社を辞めてしまっていて連絡も付かないし、もう人生終わりと思い、海に入っていく!波にさらわれ溺れている時、誰かの声が聞こえてくる。この先が3話からだけど、たぶん面白くなるのは3話からだろうね!

なんで明花莉たちが無視するようになったか?また、もともと真衣に何をしたかったのか、2話までだと分からない!タイトルからして、真衣が闇落ちして明花莉たちに復讐するのかなと思うけど、どうなっていくのか気になる!