【ひかえめに言っても、これは愛(1巻)感想】ケンカに負けて倒れていたヤンキー助けたら、何か付きまとわれちゃった!これイイね!控え目に言ってコレが恋の始まりだよね!

恋愛・愛憎

ひかえめに言っても、これは愛(1巻)感想(少しネタバレあり)
藤もも

ひかえめに言っても、これは愛(1巻)感想

普段この手も漫画は読まないのですが、この恋の始まりがとっても良かったのが『ひかえめに言っても、これは愛』です。これイイね!容姿端麗・成績優秀な天川理沙!でも、モットーが『人生は自力』なので、他人を頼ることをしない、ちょっと不器用な女の子!その理沙が、ケンカに負けて倒れていたヤンキー(大平禅)を助けたことで、付き合とわれちゃうってストーリー!

イマイチ素直になれないことで悩む理沙ちゃんが可愛すぎる!そこにノー天気にズケズケ踏み込んでくる禅も、根はイイ奴なんだよね!理沙ちゃんが絡まれたとき、『お助け券』を使ってくれるのを待っている禅が可愛すぎる!というか、さっさと助けろよとも思うのですが!

でもね、もし自分が理沙ちゃんみたいに手を差し伸べてくる女の子がいたら、何としてもお近づきになりたいと思ってしまう!1巻は、『控え目に言って、これは愛!』の一歩手前かもしれない!でもね、恋愛の一番楽しい時期がこんな時なんだよね!

好きでも何でもない相手から付きまとわれて!そりゃ険悪感がある相手ならノーサンキューだけど、理沙ちゃんと禅は、違うよね!『相手のことが気になって仕方がない!』『これって、もしかして恋!?』なんて、アンニュイな関係の時が一番楽しいんだしね!この漫画は、困ったことに男が読んでも胸キュンしちゃうストーリーだったりする!