【友達の夫を愛してしまいました(1巻)感想】自分が円満に離婚するため、友人(主人公)に浮気相手をさせようとするのって、どうなの?でも、その旦那さんが!コレ面白い!

恋愛・愛憎

友達の夫を愛してしまいました(1巻)感想(少しネタバレあり)
柚木こま

友達の夫を愛してしまいました(1巻)感想

自分が円満に離婚して慰謝料ガッポリ狙っている嫌な友達もいたもんだと思ったのが『友達の夫を愛してしまいました』です。これ主人公(千夏)が昔の友人(和紗)に”旦那の浮気相手になって!”なんてお願いされ、引き受けちゃうストーリー!しかも、和紗の旦那というのが、派遣切りにあい、その後であった合コンに参加して一夜の情事をしちゃった相手(哲哉)だったりするわけ!これ、もう面白くなりそうなワクワクしかありません!

というか、まず高校時代の同級生の和紗が、何か企んでいる気がしてならない!旦那(哲哉)の浮気を疑っているようだけど、千夏に哲哉の浮気相手のフリをさせ、その写真を撮ることで離婚で慰謝料を勝ち取ることを画策しているんだろうね!でも、そもそも和紗が疑っている哲哉の浮気相手って千夏のことなのかな?千夏が家政婦として哲哉の部屋で働くことになりそうだけど、千夏にとっては、むしろ願ったり叶ったりになるのかな?

最初は、金に釣られて和紗のお願いを引き受けてしまったけど、逆に修羅場になりそうで期待してしまう!でも和紗って性格悪そうな感じなんだけど、どうなの?この先にとても期待してしまう!