【ループ不倫~また彼が夫に殺される~(1巻~2巻)感想】これ不倫してる?嫉妬心の強いDV夫が勘違いして絵美の上司を殺そうとしているから、それを回避しようと奔走するストーリーだよね?

不倫・浮気

ループ不倫~また彼が夫に殺される~(1巻~2巻)感想(少しネタバレあり)
原案:すあま、漫画:阪口ナオミ

ループ不倫~また彼が夫に殺される~(1巻~2巻)感想

ちょっと面白そうなタイトルに釣られて読んだのが『ループ不倫~また彼が夫に殺される~』です。最初は、不倫を繰り返す系のストーリーかと思ったら、全然違うね!そもそも主人公の絵美は、上司の望月と不倫しているわけじゃないよね?この先不倫しちゃうのかな?2巻までだと、嫉妬心の強いDV夫が勘違いして絵美の上司を殺しちゃうから、それを回避しようとしているだけだよね?しかも本作で面白いのは、正人が望月を殺したところで、殺す少し前にループしていること!これを何度も繰り替える感じだよね!そのたびに絵美が望月を殺させないように回避しようとするんだけど、どうあがいても正人が殺してしまうわけ!これを繰り返すってのが本作!時間を進めるためには、これを回避することが必須の脱出ゲーム的な感じもするね!

普通の不倫モノとして読むと、全くとは言わないけどイマイチ面白みが欠ける!そもそも不倫してないし!望月が死なないように策を巡らす絵美がもがく姿が見どころの作品なんだろうね!

しかし、そもそも論で絵美が正人に愛されていると思い込んでいる方が問題あるよね!DVの典型じゃん!別れるなりする方が幸せになりそうな気もするけど・・・よっぽど、正人と別れるために望月が死なないルートを模索するって方が面白く読める気がしてならない!