【監禁婚~カンキンコン~(1巻)感想】男ならこんなシチュもアリ?大好きな女の子に監禁結婚させられた(?)男のイビツな結婚ライフに大興奮!

サスペンス

監禁婚~カンキンコン~(1巻)感想(少しネタバレあり)
近藤しぐれ

監禁婚~カンキンコン~(1巻)感想

何とも羨ましいというのか、怖いというべきなのか、いろいろ悩んでしまうのが『監禁婚~カンキンコン~』です。物語のスタートは、優大がベッドに縛られて、穂花が仕事(?)から帰ってくるシーンから!いきなりのスタートで、”どうなっているの?”って感じ!

一応、深間優大は新入社員の西倉穂花に一目惚れして、結婚することになる!ただ、結婚の際、穂花は優大に2つの条件を出してくるわけ!それが『会社を辞めること』『監禁されること』の2つなわけ!

優大は、穂花の出した2つの条件を受け入れて、晴れて結婚したわけ!それなのに、なんでベッドで縛られているのって感じ!しかも、丸1日ベットで縛られているらしく、思わずオシッコを漏らしてしまう優大!それを優しく拭きふきする穂花!

優大は喚くけど、穂花は自分と結婚するために出した2つの条件を飲んだのは優大だと言う!そして、優大の食事や入浴、排泄や射精まで全てを管理してあげると言ってくるわけ!穂花にとって優大を監禁するってことは、全てを管理するってことに等しいのかなって感じ!

でも一番怖いのは、穂花が優大に対して『大好きだよ』って呟いた顔が超怖い!冷めているというか、何でこんなことしているのか優大が気づいていないことに対して怒っているのか、とにかくこの表情で『大好きだよ』って言われるのは怖すぎる!

ちょっと続きが気になる!