【救済不倫(1巻)感想】女性目線による不倫ストーリーが面白い!最初は、妻可哀そうって思うけど、逆ギレして不倫に走る妻に共感も覚えたりする!でも、その後が本作の面白いところ!ただでは起きない展開が最高!

不倫・浮気

救済不倫(1巻)感想(少しネタバレあり)
川本貴裕

異救済不倫(1巻)感想

女性の側にたった不倫ストーリーが面白いのが『救済不倫』です。各話オムニバス形式なので、色んな不倫ストーリーが楽しめるのがポイント!基本的には、旦那さんがDVのような暴力をふるったり、仕事が忙しいといって家庭を顧みないといった、旦那側に何らかの問題があり、その隙間を埋めてくれる存在が妻のそばにいるって構成になっているね!妻が可哀そうな感じのストーリーが多いわけだけど、中には4話のようにホスト通いするためにパパ活する女の子がいたり、パパの夫婦を離婚させちゃうなんて悪女もいるわけだけど!

1話なんか、本作の基本パターンといえるね!DV旦那に悩む若奥さん!酒を買って来いと、奥さんを殴る旦那!お酒を買いに行ったら、イイ感じのお店ができていて、試しに入ったらマスターが超イイ人で、不倫しちゃうパターン!だけど、もともと、マスターは、DVされている痣とかを可愛そうと思って優しくしてくれていたと変に勘違いして、最後は、もっと優しくしてもらうために自傷までしようとするんだよね!まあ、1話に関して言えば、途中でDV旦那が改心しちゃうわけだけど、時すでに遅し!妻の心とカラダは、マスターの方を向いているんだよね!

本作の一番面白いところは、夫が改心したとしても、不倫に走り出した妻はもう後戻りできなくなっているところ!上手く話は終わっているけど、旦那は改心、でも妻は不倫街道一直線になっているところ!キレイに終わらせていないところが、逆に新鮮だったりする!そこが面白いんだよね!弱かったはずの妻が逆ギレして、今度は夫が苦労する番って感じで終わるのが面白いわけ!

女性の怖さを感じてしまうのは、2話だよね!旦那と結婚したはイイが、イマイチ良好な関係じゃないパターン!そして学生の頃に好きだった相手と再会して、不倫!しかも、子供まで作っちゃうんだから!本来は、妻ダメじゃんと思いがちだけど、旦那や周りの人たちが身勝手すぎて、妻ダメじゃんと思えないわけ!

本作の不倫ストーリーは、奥が深くて面白い!