【豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい(1巻)感想】大好きなアニメの嫌われキャラに転生した主人公の逆転人生劇がイイ感じ!これ冒険あるのかな?

SFファンタジー

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:合田拍子、漫画:fujy、キャラクター原案:nauribon

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい(1巻)感想

ゲームじゃなくてアニメに転生しちゃったというのが、少し新鮮だったのが『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』です。しかも転生したのが、主人公じゃなく、嫌味全開な嫌われキャラというのがイイ!このまま嫌われ道を突き進むのかと思ったら、このままだとバッドエンドになるから、心を入れ替え、好きな従者に”好き”って告白するストーリーみたい!

まあ異世界転生モノなんだけど、嫌われキャラに転生したのと、心を入れ替えて人生やり直しって感じでストーリーが進んでいくので、読んでいて気持ちがイイ!まあ、周りから豚公爵なんて呼ばれているくらいだから、人望ゼロだし、嫌われ者なんだよね!よく従者に愛想を尽かされないものだとも思うけど・・・

でも、もともと嫌われキャラだから、周囲の人たちに少しずつ優しくしていくと、評価が上がっていく感じが心地いい!しかも豚公爵は、以前は最悪な人物な感じだけど、魔法はチート級だし、努力を惜しまないタイプらしいから、全くのクズという訳でもないのかもしれない!

1巻だけだと、まだ何とも言えないけど、ただ、2巻3巻と読んでみたいと思わせる作品ではある!