【婚活戦線~狩れ、そして磨け~(1巻)感想】35歳の絶賛婚活中OLのリアルすぎるストーリーに引き込まれる!やっぱり、”もっとイイ男を!”って願望が芽生えちゃうのかな?

恋愛・愛憎・不倫・浮気

婚活戦線~狩れ、そして磨け~(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:鎌田れい、漫画:悠木灯

婚活戦線~狩れ、そして磨け~(1巻)感想

1巻を読んで思わず引き込まれてしまったのが『婚活戦線~狩れ、そして磨け~』です。
主人公のようこは、35歳の婚活OL!大学時代から付き合っていた男とは、プロポーズの際に断ってしまった!やっぱり、自分の『もっと・・・』という可能性を捨てきれなかったのかな?

そこで婚活パーティーらしき催しで知り合ったのが、年下のイケメン商社マン!気遣い上手なこともあり、ようこも気に入り、お付き合いに発展!ほどなくしてカラダの関係になるけど、見知らぬ女性からの電話や、他の女性と一緒にいるところを見てしまったなどなど、気にかかる点がアリアリ!どうもいわくつきのオトコなのかもしれない!

そこで後輩OLちゃんから、ようこが付き合っている(?)オトコのことで話があるというところで呼び止められる!

『婚活戦線~狩れ、そして磨け~』ってオムニバス形式のストーリーらしく、いろんなエピソードがあるみたい。しかも、実話に基づくエピソードみたいだから、余計に引き込まれてしまう。

この33歳の商社マンの康太って、婚活パーティーによくいそうなタイプだよね!軽めというか、女にルーズなタイプな予感!この手の男は、パーティーとかで色々食い荒らしているのかもしれない!

でも、大学時代から付き合っていた男を振るのって、よくありがちなのかな?女んしては、もっといい男との出会いというのを期待してしまうんだろうね!早く結婚するのも、相当覚悟がいることなんだろうね・・・

そういえば、従妹の姉も短大時代から付き合っていた男と結婚していたね。結構な御曹司だったみたい。でも、まわりの男友達からは、結婚なんてもったいないなんて言っていたみたい!その姉に気があったのかもしれない!

この漫画は、妙に昔のことを思い出させてくれるので気に入ってます。