【校舎のうらには天使が埋められている(1巻)感想】タイトルのわりに内容はエグい!というか、小学生の陰湿なイジメにむなくそ注意かも!

イジメ・復讐

校舎のうらには天使が埋められている(1巻)感想(少しネタバレあり)
小山鹿梨子

校舎のうらには天使が埋められている(1巻)感想

可愛いタイトルに釣られて読んだのが『校舎のうらには天使が埋められている』です。これ小学生の陰湿なイジメの作品なんですね。タイトルのわりに気分が悪くなるくらい、実際にありえそうな感じすらする内容です。自分も小学生のころ転校してきたことでイジメの対象になったことがあるだけに、心が痛む内容です。

引っ込み思案で自分を変えたいと転校してきた理花、感じの良さそうなあいと仲良くなるけど、このあいがまた食わせ物!気を取り直して学校に行くと、クラスのみんなから理花にプレゼント!そのモノってのが首輪なわけ!そして理花は、クラスの奴隷というか、イジメの対象になるわけ!

この4年2組は、あいの独裁国家みたいな感じなのが怖い!小学生って長いものに巻かれる傾向があるからね、どれだけあいの存在感が大きいかわかる!でも、この手のことって、本当にありそうで心が痛くなる!先生もアテにできないしね。むなくそ注意の漫画です。