【ワタシダケレス(1巻)感想】コレ面白い!実は、自分のまわりの夫婦がこういったレス(妻とはしないけど、お金を払って外ではする)夫婦が多いので、女性視線からの本作は興味津々!

恋愛・愛憎

ワタシダケレス(1巻)感想(少しネタバレあり)
赤みつ

ワタシダケレス(1巻)感想

とても興味深く読ませてもらったのが『ワタシダケレス』です。ストーリーは、女性視線によるレス夫婦のストーリー!関係としては、妻のハルカ(40)が偶然、夫(亮介)が風俗通いをしていることを知ってしまう。子育ても一緒にやって夫婦仲も良好だけど、実はレス!レスでも、それまで疑問は感じなかったのに、亮介が外ではお金を払って他の女性としていることを知ってからは、どうもモヤモヤした気持ちになってしまうハルカ!会社の上司(女性)は、浮気じゃないんだから気にしない方がイイとアドバイスしてくれる!

しかし、ハルカにしてみると『外でしてるのもウワキになるんじゃないかな?』って気持ちがあったんだよね!一年奮起してお洒落な下着まで買って亮介を誘惑してみたけど、どうも反応がイマイチ!

それ以上に

『ごめん、オレは、いーや・・・』

なんて素直すぎる反応に戸惑ってしまうハルカ!必死に割り切ろうと悩むハルカだけど、そんなに風俗ってイイのかなと思い、つい自分でも体験してみることにするわけ!

こんな夫婦って自分のまわりに結構いるので、凄く興味深く読める!特に女性視線ってのがいいね!これ、落としどころが何処に向かうのか凄く気になる!