【囚愛遊戯~姉はどうして僕を虜にするの?~(1巻)感想】コレも愛!狂気じみた歪んだ愛のストーリーの詰め合わせに興奮!ありきたりの恋愛ストーリーに飽きた方におすすめ!

恋愛・愛憎

囚愛遊戯~姉はどうして僕を虜にするの?~(1巻)感想(少しネタバレあり)
崔トウヤ

囚愛遊戯~姉はどうして僕を虜にするの?~(1巻)感想

思わず、こんな恋愛ストーリーもイイなと思ったのが『囚愛遊戯~姉はどうして僕を虜にするの?~』です。ストーリーとしては、オムニバス形式の恋愛モノ!ただし、普通の恋愛モノとは違って、禁断の愛とか歪んだ愛って感じのストーリーが多い!これも1つの愛のカタチって感じの作品が多い!特に普通の恋愛モノの話に飽きた方などは、結構オススメかもしれない!

例えば、1巻の1話は、本作タイトルにもなっている『姉はどうして僕を虜にするの?』という話!可愛いお姉さんと交際する男たちが次々と襲われてしまう話!まあ、この犯人は、弟なんだけど、話はこれだけじゃないわけ!実は、姉ってのが本当は”男”なんだよね!兄なんだけど、女に目覚めたのか女装していて、凄く可愛いわけ!弟も姉(兄なんだけど!)のことが大好きで、自分だけしか姉を守ることができないとの想いから、姉の恋人を襲っていたわけ!だって、本格的な付き合いが始まって、男だってことがバレたら、一番悲しむのは姉だから!もう、禁断を通り越して、これこそ歪んだ愛の典型かもと思わせる展開に興奮!

まあ、何で女に目覚めたのかとか、その辺りの詳しいことは触れていないんだけど、こんな愛のカタチってのが凄く斬新で、つい引き込まれてしまった!こんな歪んでいながらも純粋な愛の話の詰め合わせが本作なんだよね!コレは、なかなかイイです!