【宇宙を駆けるよだか(1巻)感想】少女漫画のカラダ入れ替わり系の漫画が面白い♪可愛く性格もイイ女の子が、クラスで地味で性格の悪い女の子と入れ替わっちゃう展開に興奮!

恋愛・愛憎

宇宙を駆けるよだか(1巻)感想(少しネタバレあり)
川端志季

宇宙を駆けるよだか(1巻)感想

思わず面白いと思ったのが『宇宙を駆けるよだか』です。少女漫画のカラダ入れ替わり系なんですが、コレが思っていた以上に面白い!特にイイのが性格とか内面をよく描いていることだね!これが青年漫画になるとエッチ要素全開になるからね!それが少女漫画になるとSFミステリーになるから目が離せない!

主人公は、高1の小日向あゆみ!好きな人(公史郎)と恋人同士になるんだけど、デートの日に同じクラスメイトの海根然子の自殺シーンを目撃したことで、あゆみと然子のカラダが入れ替わってしまうわけ!入れ替わったことで然子(今はあゆみ)に聞くんだけど、どうもあゆみのことが昔から羨ましかったらしく、『苦しみなよ!』と吐き捨ててしまう。しかも、カラダが入れ替わっただけだが、そもそも然子がクラスで嫌われていたらしく、孤独感を味わってしまう。何とかしなければと思うあゆみ(今は然子)だけど、波乱万丈そう!

でも、そんなあゆみ(今は然子)なんだけど、クラスで気が付いた人もいるんだよね!加賀は、気が付いたみたいね!しかも、加賀、あゆみの事が好きだったみたいだし!色んなこと見ていたんだよね!

コレ面白い!何かラブコメ感ある!でも最初の赤い月の説明とか、何か意味あるの?もしくは、他にも入れ替わっている人いるのかな?続きが気になって仕方がない!