【見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話(1巻)感想】サスペンス調に描いているけど、この漫画家のことを好きすぎて突飛な行動を起こしちゃったメンヘラJKの話だよね?

恋愛・愛憎

見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話(1巻)感想(少しネタバレあり)
きただりょうま

見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話(1巻)感想

もっとサスペンス調な展開かと思ったら全然違っていたのが『見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話』です。ストーリーは、見知らぬ女子高生に監禁されちゃった漫画家の話で、まさにタイトル通りなわけ!最初は、何かこの漫画家に恨みがあって復讐する為に何晏金しているのかと思ったら全然違っていたわけ!単にこの漫画家の描く漫画(絵?)が好きすぎて、自分の家で囲って好きなだけこの漫画家の絵を楽しみたいってかんじの女子高生なわけ!

まあ、常にマスクしてるし、ナイフを持って監禁したわけだし、行動は問題ありなんだけど!でも、漫画家に指摘されて料理を作るようになったし、その料理を褒められたらさらに嬉しくなって、頑張って料理の腕も上がっていっているみたいだし!監禁するほどサイコパスな行動はあるけど、実は意外とイイ娘なのかなと思ったりもする!

わざとマスク顔にして表情を少し怖くしているから、ミステリー・ホラーな感じもするけど、別の角度から見ると、れっきなラブコメになっていたりする!ただ、この女子高生の行動がサイコパスなだけ!要は、女子高生の歪みすぎる恋の物語といった感じ!コレ結局、どうなっていくのかな?