【最強ブス~金も男も世界は私のためにある~(1巻)感想】憧れの男を助けて入院して目が覚めたら美人になってる!でも、また寝て目が覚めるとブスに戻ってる!かなり不思議な漫画!

恋愛・愛憎

最強ブス~金も男も世界は私のためにある~(1巻)感想(少しネタバレあり)
坂辺周一

最強ブス~金も男も世界は私のためにある~(1巻)感想

イマイチ良く分からないのが『最強ブス~金も男も世界は私のためにある~』です。ストーリーとしては、コールセンターで働く派遣OL(主人公・木下早希)が憧れの男(瀬戸)を助けたことで怪我して入院して目が覚めたら美人になっていたという展開!ただ、また寝て目が覚めるとブスに戻ってるんだよね!

そもそも最初にトランクケースを投げた女ってshiho(しほ)だよね!なんで瀬戸にトランクケースを投げたかというと、昼の昼食で横入りしたのを注意されて、その逆恨みだよね!そこで瀬戸に向けてトランクケースを投げたんだけど、それを早希が助けて、逆に怪我して入院する羽目になるわけ!そこで目が覚めると早希が美人になっているんだけど、また寝て目が覚めると元のブスに戻っているわけ!こんなのが何回か続くんだけど、なんかイマイチ良く分からないというのが本音!

早希が美人の時とブスの時では、他人の対応が違うことを露骨に描いているけど、要は人を外見で判断するクズがいることを教えたいのか?でも、特に気に食わないのはshiho(しほ)だよね!天誅でも起きないかな!