【こじらせ独女、ストーカーを婚約者にする。(1巻)感想】マウンティングな見栄っ張り女とストーカー男という妙な組み合わせが気になって仕方がない!

恋愛・愛憎

こじらせ独女、ストーカーを婚約者にする。(1巻)感想(少しネタバレあり)
河東ますみ

こじらせ独女、ストーカーを婚約者にする。(1巻)感想

なんか面白そうかなと思って読んでみたのが『こじらせ独女、ストーカーを婚約者にする。』です。ストーリーとしては、マウンティングで見栄っ張りな主人公の美江子と、その美江子をストーカーする不穏な男の奇妙なストーリー!まあ、かなり突拍子もない感じのストーリーだよね!自分の見栄のために、ストーカー男に自分の婚約者になるように迫っちゃうんだから!

というか、そもそも美江子の友達のユリが結婚したのって、美江子の元カレなんだね!そんななのに、よく友達でいられるなと思ったけど、いろいろあるのかな?まあ、美江子には既に彼もいて、プロポーズもされたらしいけど!順風満帆かと思ったけど、美江子のイマ彼も、なんか怪しいよね!明らかに美江子の財産、正確には美江子の親の資産狙いな感じだし!

しかも、美江子は見栄を張って資産家令嬢という設定でイマ彼をゲットしているようだったし!なんか隠し事や嘘が多い2人だなと思ってしまう!結局、結婚式場探しの時に美江子はカミングアウトするんだけど、それでイマ彼に振られてしまうんだよね!そこで振るくらいだから、最初からお金目当てで美江子に近づいてきた感じ!

そして友達のユリの家でのホームパーティーに行く羽目になっているわけだけど、このユリも性格悪そうな感じがしてならない!そんな時にストーカーの男を婚約者代わりに仕立てあげるわけだけど、この先どうなるのか見もの!