【異世界モンスターブリーダー~チートはあるけど、のんびり育成しています~(1巻~3巻)感想】捕まえたモンスターを合成させて進化させるのって面白いよね!

SFファンタジー

異世界モンスターブリーダー~チートはあるけど、のんびり育成しています~(1巻~3巻)感想(少しネタバレあり)
原作:柑橘ゆすら、漫画:とうのきり、キャラクター原案:かぼちゃ

異世界モンスターブリーダー~チートはあるけど、のんびり育成しています~(1巻~3巻)感想

ちょっと面白そうな感じがしたのが『異世界モンスターブリーダー~チートはあるけど、のんびり育成しています~』です。最初に読んで思ったのは、なんかポケモンのような感じがしてしまった!またキャラクターにしても、特に女神が高飛車なんだよね!ただ、主人公のソータにカプセルボールで使役させられる格好にはなったけど!このすばのアクアみたいな駄女神だと思ってしまった!一応、異世界転生モノなんだよね!主人公は、復活を予言されている魔王を倒すために転生されてきたらしいけど、ソータ自身はこの世界の美少女を現世に持ち帰ってハーレムを作ることを目的にしているみたい!その過程の中で魔王も倒すみたいだけど・・・

ただ、本作で面白いと思ったのは、捕まえたモンスターを合成したりできることだね!全部ができるわけじゃないようだけど、かなり面白い合成ができる感じ!その辺りは、面白い!まあ、少しエッチ要素もあるんだけど、まあ軽めな感じ!

3巻までだと、女神や吸血鬼、武器屋の娘達と行動を共にすることになるんだけど、これからさらに面白くなる感じかな?今のところ敵というか悪者らしいのは、少ないけど、これからかもしれない!まあ、もう少し読んでみてもイイかなと思ってしまうね!