【オーダーメイド(1巻)感想】500万円払って、理想の相手で自分だけのオーダーメイドAVを作る!その相手は、本人?依頼者も狂気じみているが、出演者も狂気じみている!

サスペンス

オーダーメイド(1巻)感想(少しネタバレあり)
高橋一仁

オーダーメイド(1巻)感想

全く期待せずに読んだら、一気にハマってしまったのが『オーダーメイド』という漫画!500万円払って、自分が希望する相手で、さらに自分が希望するシチュエーションでAVを作ってもらうオーダーメイドAVが凄すぎた!しかも、このオーダーメイドAVを依頼する人間も問題アリで、そこがまた面白さの秘訣の1つだったりする!

1人目の依頼者である大手広告代理店勤務の葉山直樹(25歳)は、クライアント(取引先かな?)の女性(春川清美)が奴隷のように服従する姿が見たいとのこと!どうも、この葉山は、プライドが高いらしく、高卒三流OLにストーカー扱いされたのがよほど気に入らなかったみたい!振られた理由も、しつこさが原因だったのかなって感じ!それで、清美を滅茶苦茶にしたいなんて欲求が芽生えたのかもしれない。

そしてリサーチに1ヶ月を要し、出来上がったAVを見ると、そこには春川清美そっくりの女が奴隷のように服従してくる姿が映し出されるわけ!まるで、本人かと思うほどソックリさ!

しかも、この葉山という男、よっぽどのゲス男らしく、清美が勤める会社まで行き、AVのことを話してしまう!当然、清美には何のことかサッパリ分からずじまい!この葉山がその後どうなったのかまでは、描かれていないのが少し残念な話!クライアントに接触したり、話を漏らしたりしたら罰が下るくらいの方が面白いのかなと思ってみたりした!

そして、ここからがオーダーメイドの真骨頂!この清美そっくりの女性だけど、てっきり本人かと思ったら違うのね!そしてここから、深沼しず(今回、清美になった女性)のストーリーが始まるわけ!

いや、もう狂気に満ちた展開で面白い!これ4巻で完結なんだけど、読み進めていくと好き嫌いが分かれるね!『結局何か言いたいの?』って感じる方もいるみたい!

でもね、個人的には好き!誰も幸せになれないとは言えないけど、人間の願望と狂気を垣間見ることができるのは、イイね!