【執事・黒星は傅かない(1巻)感想】笑えて楽しい執事とお嬢のラブストーリー!凄腕執事の黒星に翻弄されるお嬢が可愛い!しかも、黒星と爺様が同類なのもイイね!

恋愛・愛憎

執事・黒星は傅かない(1巻)感想(少しネタバレあり)
音久無

執事・黒星は傅かない(1巻)感想

凄腕執事の黒星とコミュ障の可愛いお嬢の掛け合いが超面白いのが『執事・黒星は傅かない』です。普通ならこの手の作品は読まないのですが、気分転換に読んでみたら思わず1巻一気読み!とにかく優秀すぎてお嬢の言うことを聞かない執事の黒星が面白い!そんな黒星に翻弄される天然愛されキャラで、コミュ障のおまけ付きのお嬢との掛け合いは必見!しかも、たまに不意打ちで黒星をドキッとさせちゃうお嬢がイイ味出してる!

同僚執事も黒星とお嬢のイチャイチャを楽しんでいるし、爺様が意外と黒星と同類なのもイイね!勢いに任せて卒業後にお嬢を下さいなんて言っちゃうし!お嬢に対しても超失礼なことを言っちゃうんだけど、全然嫌味にならないし!なんか不思議!

時折はいる黒星とお嬢の昔の回想シーンもイイね!とてもほっこりする!

本作は、少女漫画の部類に入るようですが、よくある執事モノってどれもこんな感じなんですかね?初めて読んだこともあり、妙にハマってしまった自分がいます!