【サイコパス彼女と崩壊する僕の日常(1巻)感想】いじめられっ子と普通が分からない”かなり”変わった女の子の奇妙な組み合わせ!戦慄する青春暗黒サスペンスが面白い!

サスペンス

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:Kfumi、漫画:HUILAMSI、ネーム構成:桜井竜矢

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常(1巻)感想

イジメ系の漫画ってやっぱり引き寄せられる作品が多いなと思ってしまう、そんな作品の1つが『サイコパス彼女と崩壊する僕の日常』です。これ、主人公は同級生からイジメられている望月優真!そして、キーマンとなるのがヒロインの矢吹響子!もちろん響子も同級生からイジメられているんだけど、イジメられすぎたせいか少し狂気じみた行動をとることも多い女の子だったりする。

そんな2人が出会ってしまい、この先どうなるのかな?2人で復讐していく系かな?それとも響子が暴走していき、優真が引っ張られていく感じなのかな?とにかく、1巻では先が見えない!ただ、この先どうなっていくのか気になって仕方がない!

優真も響子もたぶん高校生くらいだと思うけど、高校でイジメに遭うのって嫌だよね!まあ、中学でイジメに遭うのも嫌なんだけど・・・DQN連中に友情料と称するカツアゲ、人間サンドバック、泥水すすり、根性焼き・・・もう見ていて悲しくなってくる。そんな優真のイジメのストレス発散法が、誰とも知らない他人の車にキズを付けること!見知らぬ車に傷を付ける罪悪感と快感が、普段イジメられているストレスから解放してくれる!もう負のスパイラルに陥っている優真!

そんな優真を見て、1人の女の子が”運命”を感じるわけ!優真を見て、運命を感じたのが響子なんだよね!同じ匂いがする者同士って感じなんだろうね!ある意味、悲しい出会いなのかもしれない。同じ異常性を持つ者同士が出会ってしまうわけだから!

ただ、異常性という点では、響子の方が凄いかもね。1巻では、響子の過去にも触れている。小学生の頃の描写とかあるからね!さらにトイレで水をかけてきたDQN女子たちのリーダー格に、バケツで頭を殴ったりしている!そんな過去をもつ響子が”同士”として見つけたのが優真なんだよね!だから優真に対しては、カラダを許そうとするし!ただ優真は、それを拒絶している。

1巻では、優真と響子の出会いをメインに描いているね!そして異常性のある2人の過去にも触れ、同じ悩み(?)というかストレスを描いている!この先、どうなっていくのか気になって仕方がない!響子の復讐という名の暴走が加速していくのか?