【惨劇塔のモーグリ(1巻)感想】幼き弟のためにも、魔物棲む謎の棟からの脱出ゲーム!ヤらなきゃ、ヤられるパニック系サバイバルホラー!

ミステリー・ホラー

惨劇塔のモーグリ(1巻)感想(少しネタバレあり)
伊織

惨劇塔のモーグリ(1巻)感想

ヤらなきゃヤられる系の漫画が好きな管理人です!そんな管理人が最近ハマったのが『惨劇塔のモーグリ』です。よくありがちだけど、何処かに閉じ込められて、そこから脱出するサバイバル!そして少しホラー要素もあって、個人的には楽しめる!

ストーリーとしては、弟の手術のために自分の腎臓を移植することになった主人公の元也!手術は2週間後!そんな元也に訪れた不幸!弟の病院にいたはずなのに、気が付いたら見知らぬ牢屋!そういえば、誰かに襲われた気が・・・意識を取り戻した元也が辺りを見渡すと、同じように連れてこられたであろう人たち!カップルや女性、子供まで!

とりあえず、目についた扉を男性が開けると、トラップのように斧が振り下ろされ、男は絶命してしまう!この光景に凍てつく面々!その後、慌てふためき逃げようとするも、殺人トラップが次々現れ絶命していく人たち!そして仮面を被った子供のような魔物に襲われ、応戦し撃退する面々!

ふと外を見ると、自分たちは周囲を海に囲まれた孤島いることが分かり愕然とする!そして、巨大な塔の中ということも分かった!ここから脱出するには、この塔を攻略して外に出る必要がある!しかし、周囲は殺人トラップがあちこちにあるらしい!謎の魔物(モーグリ)と戦い、さらに同じようにさらわれてきた一人の男性と出会い、一緒に攻略していくことに!

謎の男と共に脱出していく、サバイバルホラー漫画!『惨劇塔のモーグリ』って大自然だけが敵というわけじゃないのが面白いところ!また、主人公の元也も帰る理由があるから、強い意志がの持ち主なのがいいね!

ちょっと頼りない主人公っているけど、そんなんじゃないのが読みやすい!とりあえず、手術が2週間後なわけだけど、2週間で脱出して生還するストーリーになるのかな?この先の展開が楽しみです!