【怨画 -ファントム・ビデオ-(1巻)感想】こんなホラーを待っていた!SNSで拡散される『観ると必ず死ぬ動画』に引き込まれる!呪怨テイストある怖さだよね!

ミステリー・ホラー

怨画 -ファントム・ビデオ-(1巻)感想(少しネタバレあり)
砂川どろ

怨画 -ファントム・ビデオ-(1巻)感想

これを読んで思わず”呪怨”を思い出してしまったのが『怨画 -ファントム・ビデオ-』です。今どきのJホラーの典型ともいえる出来ばえに大興奮!ストーリーは、漫画のテーマに挙げた”観ると必ず死ぬ動画”が実際に起こってしまうというもの!大学でのネタ元となったことを漫画化にするはずが、実際に死人まで出ちゃっているなんて展開に興奮です!しかもSNS上で拡散されているらしく、そん動画を見た人たちが次々に死んでいくわけ!

ネタのはずが、実際に起こっちゃうわけだから、怖くないはずがない!最初は、面白半分に動画を見たつもりだったのに、いざ自分が体験したことで夜も眠れない状態になっちゃうわけ!しかも、その動画、スマホ上では拡散ボタンしか機能しなくなり、拡散して、誰かが再生するとホラー現象が無くなるという展開!ただ再びホラー現象に襲われるらしいからね!

これを解明する為に超常現象系の雑誌を作っている出版社に行って、解決策を見つけようとするわけ!更に警察も動き出していて、不審死にしては変すぎると疑念を抱いているんだよね!

これ最後は、どんな結末を迎えるのか興味津々!個人的には、こんなホラー漫画を待っていました!