【インゴシマ(2巻~3巻)感想】フリージア爆発しちゃったけど、だんだん反撃の体制ができてきた?まあ、みんなヤリタイ放題な気が・・・甲斐谷も悪役になってきた!

ミステリー・ホラー

インゴシマ(2巻~3巻)感想(少しネタバレあり)
原案:天下雌子、漫画:田中克樹

インゴシマ(2巻~3巻)感想

だんだん面白くなってきたのが『インゴシマ』です。2巻のスタートは、フリージア号でシマビトと戦闘するところから!そういえば、シマビトって日本語を喋ってるんだよね!これもそのうち、理由が分かってくるのかな?囚われの葵がシバビトの王ガモウの妻として迎え入れられちゃって、救出が困難になってきている気が・・・

しかも敵って、シマビトとゾンビみたいなのいるよね!シマビトとゾンビは、仲間って感じやないね!で、更にアキラという謎の女性の登場!一応、味方みたいだけど、どうなるのかな?

また甲斐谷がゲスになってきているね!極限状態の中では、甲斐谷の変化の方が普通なのかもしれない!シマビトに捕獲された船長や生徒(田村)がニエにされているけど、いきなり怪奇現象みたいに海が荒れだして、何でって感じ!

このサバイバルホラーが面白すぎる!