【リモート・パラサイト~顔のない鬼が僕を喰らう~(1巻)感想】マジで怖い!売れない漫画家が請け負ったコミカライズが恐怖を引き寄せる?昆虫学とホラーの融合が怖面白い!

ミステリー・ホラー

リモート・パラサイト~顔のない鬼が僕を喰らう~(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:矢樹純、漫画:加藤山羊

リモート・パラサイト~顔のない鬼が僕を喰らう~(1巻)感想

思わず怖いと思ってしまったのが『リモート・パラサイト~顔のない鬼が僕を喰らう~』です。恐怖におびえる表情の描き方なんて特にイイね!しかも本作は、昆虫学とホラーがミックスされていて、新感覚のサスペンスホラーに仕上がっていること!

大まかなストーリーは、主人公の売れない漫画家・井沼が、編集者の勧めで大人気漫画家・成田ヒカルのコミカライズを担当することになるわけ!そして、担当することを決めたこの日から、謎の不審者に狙われることになるわけ!狙われるといっても、イタズラみたいなことをされるだけだけど、それが妙に新しい仕事と関連していて、怖さを増してくるわけ!でも、部屋の前に蜂やゴキブリの死骸があったら、嫌というより、怖いよね!しかも鍵をかけているはずの玄関の中にも荷物があるし!怖さの見せ方というのが、凄く上手いと思ったね!

また最初のゴキブリと蜂の話から、実際のストーリーに入るまでが秀逸!この部分で怖さがあるもんね!1巻(上巻)では、嫌がらせというか、怖いことが色々起こるわけだけど、やっぱこの不審者が成田ヒカルなのかな?もしくは、成田ヒカルの元アシスタント?

あと同じ漫画家の友達(?)の凜香とは、元恋人関係なのかな?彼女も何か闇がありそうで怖いんだけど!この怖さの持っていき方は、物凄く引き込まれる!