【家族ごっこ~隠された夫の秘密(1巻)感想】結婚12年目の子なし夫婦!夫が見ず知らずの子供を連れて帰ってきた!子供が『パパ』と言ったことで全てを察する妻の悲劇!

ヒューマンドラマ

家族ごっこ~隠された夫の秘密(1巻)感想(少しネタバレあり)
宮本ポチ子

家族ごっこ~隠された夫の秘密(1巻)感想

純粋に奥さん可哀想すぎると思ったのが『家族ごっこ~隠された夫の秘密』です。12年目の結婚記念日に夫(和靖)が子供(明)を連れて帰ってきて、家庭が崩壊していくというストーリー!その子供が和靖のことを『パパ』と呼んだことで、妻(汐織)は全てを察してしまったという悲しいストーリー!

とにかく、この和靖がクズ過ぎる!結婚記念日に9歳になる女の子を連れて帰ってきて、汐織の子供にしようとしたんだからね!しかも、不倫相手の女性は自殺したらしいけど・・・

とにかく和靖が許せないのは、

『だって俺の子なら
 君の子同然だろ?

 これで本当の家族になれるんじゃないか!』

のセリフだね!いくら何でもわがまま過ぎる!というか、自身の不倫については、何にも謝罪しないし!これじゃあ汐織が可哀想すぎる!しかも、和靖のウソってこれだけじゃないみたいだしね!1話では、不倫と隠し子(明)の存在が明らかになっただけ!この先どんな和靖のクズっぷりが明らかになるのか、逆に気になってくる!

いくら汐織に子供ができないからといって、やっていいこととダメなことはある!和靖に破滅フラグが立ってほしいけど、その前に汐織のハッピーエンド展開を願いたい!まさか、その子供と仲良く3人で暮らすなんて展開は、辞めて欲しいね!そもそも、自分を騙して、外で子供つくって、あまつさえ不倫相手がいなくなったから自分”たち”の子供になんて図々しいにもほどがある!汐織は、ガチ切れしてもいいレベルだと思ってしまう!コレがどんなオチでまとまるのか気になって仕方がない!