【醜い私があなたになるまで(1巻)感想】ブスで地味、しかも仕事でミスばかりで冴えないOL夢子なんだけど、頑張る姿はマジ応援したくなる!

ヒューマンドラマ

醜い私があなたになるまで(1巻)感想(少しネタバレあり)
前田アラン

醜い私があなたになるまで(1巻)感想

頑張る夢子をマジで応援したくなってしまうのが『醜い私があなたになるまで』です。ブスで地味、仕事ではミスばかりで上司からのパワハラの対象になっているのがOL夢子!周りの同僚も夢子を無視しているというか、イジメて憂さ晴らししているほど!マジで可哀想な女の子!

こんな夢子だけど、同い年のカリスマ店長AYAに憧れていて、いつもSNSをチェックしているほど!そんなある日、AYAのお店で従業員募集のメッセージを発見する夢子!最初は戸惑う夢子だけど、憧れのAYAのお店で働けば、自分もキラキラできるかもと思い、会社を辞めてAYAのお店に応募してしまう!面接当日、AYAのお店で待っていると、AYAが現れ面接することになる!

夢子を見たAYAは、びっくりするほどのブスだったことので、落してやろうと思うほど!
でも、どうも見覚えのある顔、名前を見ると昔イジメていた相手だとわかった!そのことを夢子に告げるも、まさか高校時代に自分をイジメていた堀川絢がAYAだったことに驚愕!もう、どうしたらいいか分からなくなった夢子にAYAは、『夢子なら即採用・・・』と思いがけない言葉!

昔と違って、AYAは昔のことを謝ってくるほど!なんか、思っていたのと違うAYAの反応に戸惑う夢子だけど、一応働くことに!

でも、AYAの本音は、

『いーい オモチャが手に入っちゃったー』

だった!まあ、このAYA、本当にクズかもしれない・・・

高校時代、夢子のことを散々イジメてきただけのことはあり、性格は悪いまま!無理やり服を買わせたり、わざと夢子を陥れようとしたり、もう夢子が可哀想になってくるほど!それでも、少なからず夢子にも味方もでき、お客さんにも応援してくれる人ができたりして、頑張っていこうとする姿は泣けてくる!そんな、目立ってきている夢子が気に食わないAYAは、意地悪して夢子を陥れようとするんだよね!

でも、そんなAYAの意地悪に抗って成長していく夢子を本当に応援したくなる!これは、面白い!