【推しの子(1巻)感想】イイ意味で期待を裏切ってくれた本作!単なるアイドルヲタ(医者)の話かと思ったら、転生?隠れ主人公と思っていた星野アイも居なくなっちゃうし!想定外の面白さ!

SFファンタジー

推しの子(1巻)感想(少しネタバレあり)
赤坂アカ、横槍メンゴ

推しの子(1巻)感想

単なるアイドルヲタの話だと思っていたのが『推しの子』です。でも、実際は全然違ってました。そもそも田舎の産婦人科医のアイドルヲタのゴローが主人公っぽいし、1ファンの物語だと思うのは無理ない!でも、全然違うんだよね!ゴローが推すアイドルってのが、星野アイなんだけど、以前患者さんがファンで、その影響でファンになった感じ!まあ、その患者さん(さりな)は病気で亡くなるんだけど!

そんな時に飛び出したのが、星野アイの電撃引退のニュース!そしてゴローの病院にやってきた若い妊婦!実は、この妊婦が星野アイなんだよね!調べてみると、双子を妊娠しているらしく、出産までは、てんやわんや!でも、無事出産するんだけど、肝心のゴローが何者かに襲われて亡くなるんだよね!

で、ここから星野アイの復活ストーリーかなと思ったら、何とアイの双子の1人(男の子の方)に転生しちゃうというウルトラ展開なわけ!ここから、単なる”アイドルヲタ物語”だけじゃない感じがしてくるわけ!で、後にわかるけど、双子の女の子は、ゴローも知っているさりなが転生していたわけ!

まあ一応アイは、アイドルとして電撃復帰するけど、イマイチな感じなんだよね!で、この転生双子ちゃんの影の努力もあり、アイの快進撃が始まろうとした矢先!ファンに襲われて亡くなっちゃうわけ!その相手ってのが、ゴローを襲った相手でもあるんだけどね!

もう急展開すぎる話と、予想の斜め上いくストーリーで本気で引き込まれる!本作は、かなり人気があるみたいね!色んな賞で話題をかっさらっていっている!かなり続きが気になる!