【恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー(1巻)感想】これギャグ漫画ですか(笑)?朱里は普通なんだが、夜のエキスパート・浅倉課長が右斜め上いくゲスさなんだけど!

恋愛・愛憎

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー(1巻)感想(少しネタバレあり)
アキラ

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー(1巻)感想

思っていたよりも全然楽しく読めたのが『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー』です。最初は、不感症に悩む朱里の可愛そうな感じの話かなと思ったら、全然違っていた!ストーリーとしては、見た目が凄くイイ感じで、滅茶苦茶遊んでいそうなほどイイ女・朱里が、自身の不感症のことで悩んでいるってストーリー!で、会社での飲み会の際に朱里の彼氏が同じ課の別の女性とキスしているのを見て、浮気していると勘違いして、同棲していたのに帰れずにいたところ、上司の浅倉課長の部屋に泊まらせてもらい、いろいろ悩みを聞いてもらうわけ!そこで不干渉のことを告げられた浅倉課長が、じゃあ試してやるって感じで、途中まで試すんだけど、超感じちゃって、実は不感症というのは朱里の勘違いということが分かるわけ!

ただ、その試している最中に発覚したのは、朱里は実は初めてということ!全く経験が無いんだよね!浅倉課長は、まさか初めてとは思わなかったみたいね。

最初は、朱里の彼氏が酷いと思ったけど、付き合っているのにキスしかしてなくて、たまたま魔が差したって感じみたいね!まあ、相手の女性も同じ悩みを抱える者同士で少し意気投合してキスしちゃった感じ!まあ、男なら付き合っているのにヤラせてもらえないのに、よく付き合ってこれたなって感じ!個人的には、彼氏に同情してしまうところはある。まあ、彼氏にしても本気で朱里のことを好きみたいだし、1巻では、お互い事情を理解して、後は朱里がよりを戻すかどうかって所で終わっているんだよね!

ただ、浅倉課長という人物、確かに仕事もできるし、イイ人なんだろうけど、夜のエキスパートと自信満々に朱里に言うくらいなので、意外とゲス要素満点だったりもする!まあ、無理やり朱里に迫るわけでもないし、まあ、イイ人なんだろうけど!

本作の面白さは、夜のエキスパート・浅倉課長のオレ様っぷりが結構面白い!朱里にしても不感症というより、相手のことが本当に好きじゃないところに問題があるようにも思う。確かに恋愛漫画ではあるけど、コレはかなり面白う展開が期待できそうな予感!