【MORTAL LIST モータルリスト(1巻)感想】犯罪心理を駆使した女刑事の交渉術が凄すぎ!しかし、千景の顔を傷つけた先生が鬼畜すぎる!

サスペンス

MORTAL LIST モータルリスト(1巻)感想(少しネタバレあり)
小見川なまり

MORTAL LIST モータルリスト(1巻)感想

ちょっと面白いかもと思ってしまったのが『MORTAL LIST モータルリスト』です。主人公は、巡査部長の南郷千景!行動心理学を女刑事で、独自の心理分析法を駆使して事件の解決をはかっていく展開に胸が熱くなります。学生の頃(中学生?)に教師によるハラスメントに苦しむ同級生を助けたことで、その教師から顔を傷つけられるというトラウマともいえる過去がある!もう、コレが凄く可哀想すぎて、これなくてもいいじゃんと思ってしまうほど!

ただ他の警察漫画とは違うよね!描写も結構エグイものもあるし、猟奇的な犯罪などが多いのかなと思ってしまう。特に最初の事件なんか、猟奇的だよね!連続妊婦殺害なんて!この事件の容疑者の女性もサイコパスなんだけど、その事件を解決していく千景の手法が面白い!行動心理学を駆使しているんだけど、最初は容疑者に寄り添う姿勢を見せるけど、後半からは追い込みかけてるからね!もうヤクザ真っ青な追い込みっぷり!

しかも千景の、むかし教師に切り裂かれた口の傷がまた怖い!ちょぅとホラー要素満点な警察漫画だったりする。

さらに千景の父の失踪も謎めいているよね!この先どんな方向に行くのか気になる!