【1122 いいふうふ(1巻~2巻)感想】これがリアル30代のイイ夫婦の実像か?レスはアリとしても、公認不倫も当たり前?相手が不倫してても夫婦生活続けられますか?それとも自分も遊ぶ?

不倫・浮気

1122 いいふうふ(1巻~2巻)感想(少しネタバレあり)
渡辺ペコ

1122 いいふうふ(1巻~2巻)感想

まさかこんな内容だと思わなかったのが『1122 いいふうふ』です。最初は、数字の羅列した漫画のタイトルだったので、意味が分からないと思い読まなかったんですね。本当に暇つぶしで読んでみたら、まさか30代夫婦の”よくある(?)”ストーリーとは思わなかった!

そもそもイイ夫婦の定義って何かなと、改めて考えてしまうのが本作だね!レスでも仲良しならイイとして、でも一子の旦那の二也なんて不倫してるしね!しかも一子もそのことを知ってるし、それを咎めることもしないし!何でも話し合ってきた夫婦らしいけど、子供のことについては話し合ったことないみたいだし!仲が良いのは分かるけど、それ、どちらかが相手に合わせて波風立たないようにしているに過ぎない気もする!

一応、基本的なストーリーは、主人公夫婦の一子と二也は、結婚7年目で小梨のレス夫婦!でも二也は、同じく人妻・美月とW不倫している!二也の不倫は、一子も知っているけど、特に咎めることはしていない。それが無ければ仲良し夫婦だから、スルーしているともいえる!でも毎週泊まりで不倫相手に会いに行く二也は、どうなのかと思ってしまう!

一子も割り切るなら自分でも不倫すればいいのにと思うけど、五代くんとはイイ感じになったけど、五代くんが不倫終了ちゃんで奥さんにGPSで監視されているらしい!何とも笑える憎めない五代くん!でも2巻ラストで一子も覚悟キメて風俗で遊ぶ展開になるね!

2巻までだと、とりあえず一子の夫の二也が、やっぱり身勝手だなと思ってしまう。ただ、美月が不倫したくなる気持ちは分かるんだけど!あの夫では、何か嫌だな!結局、二也がフラフラしている感が否めない!

でも、本作を読んでいると、結婚してこんなことになるなら、無理して結婚することも無いのにと思ってしまう!本作は、かなり話題性に富んでいることもあり、しかも好評価だったりするんだよね!この先が気になる!