【でぶせん(1巻~3巻)感想】女装した自分ソックリの白骨死体と入れ替わり、問題児ばかりの高校教師をやっちゃう、ギャグ漫画!しかもかなり凝っていて面白い!

アクション・スポーツ・ギャグ

でぶせん(1巻~3巻)感想(少しネタバレあり)
原作:安童夕馬、作画:朝基まさし

でぶせん(1巻~3巻)感想

まさにギャグ漫画として面白いのが『でぶせん』です。そもそも主人公の福島満って『サイコメトラーEIJI』にも登場していたよね!『サイコメトラーEIJI』の番外編みたいな感じになっているね!女装したときの自分ソックリの白骨死体の人物(福島満子)に成り代わって、問題児ばかりの帝辺高校の教師として、クラスの不良たちと戦う展開なんだけど、その不良たちを手なずけていって、どんどん話が進んで行く展開なわけ!

最初は、教師と不良たちの抗争モノかと思ったけど、確かにそうだけど、何だかんだで不良たちを救っていって仲良くなっていくんだよね!まあ、基本はギャグ漫画なんだけど、かなり凝っているわけ!金八先生みたいな学園教師モノのテイストもあるしね!

また、もともと福島満子を亡き者にした人物ってのも帝辺高校にいて、満子そっくりの女装した満が戻ってきたことで、また亡き者にしようと策を練るんだよね!ある意味、サスペンス的な展開もあるわけ!

また、満子に成り代わった女装した満って、満子の指輪をしているんだけど、それが妙に魔力みたいなもの(満子の霊)が取りついて問題を解決して行っちゃうんだよね!グリズリーや月人、そして神夜を助けたのがまさにソレだもんね!満子の霊が憑依して解決しちゃった展開が爽快なわけ!

『でぶせん』って純粋に面白いというのもあるけど、青春漫画なんだよね!そこが清々しいストーリーだから引き込まれるんだよね!