【裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る(1巻~2巻)感想】ストーリーは凄く好きなのに、エッチ描写が多すぎるのが気になるが・・・

SFファンタジー

裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る(1巻~2巻)感想(少しネタバレあり)
原作:柊咲、漫画:川田暁生、キャラクター原案:ナイロン

裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る(1巻~2巻)感想

ずいぶん長いタイトルだと思いながらも読んでみたのが『裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る』です。ストーリーは、タイトル通りで、普通のSFファンタジーといったところ!ストーリー自体は、男くさい主人公のエギルが奴隷オークションで”たまたま”気に入った女(エレノア)を競り落として、そのエレノアの復讐を手伝うという展開!まずエギルの人柄が凄く良くて、女性を大切にするのは好感が持てる!最初は、エレノアが単に自身の復讐のためにエギルを使うのかと思ったけど、どうも違う感じ!エレノアもエギルのことが好きそうなので、そこは良かった!

ただね、本作はエッチ描写が多い!ストーリー自体は、凄く良くて、個人的に好きなんだけど、このエッチ描写の多さはどうかと思ってしまう!それなら18禁漫画で出せばいいのにと思ってしまうほど!ただ、画は上手いし、キャラクターがキレイ目なので、凄くイイのに何かもったいないとも思ってしまう!

どうも安易にエッチ路線に走っているように思ってしまうのは気のせいなのか?今の流行りなんだろうけど、本作くらいならエッチ要素が無くてもイケる気がするけど!