【アライブ 最終進化的少年(1巻~5巻)感想】ある日突然超能力を持った少年少女たちによるバトルもの!5巻くらいまで読むと色々分かってくるので面白くなるね!

アクション・スポーツ・ギャグ

アライブ 最終進化的少年(1巻~5巻)感想(少しネタバレあり)
原作:河島正、作画:あだちとか

アライブ 最終進化的少年(1巻~5巻)感想

最初はイマイチな感じだったけど、5巻くらいまで読み進めるとだんだん面白くなってきたのが『アライブ 最終進化的少年』です。一応、SFアクションものですね!ストーリーとしては、宇宙から飛来してきた御霊により、人類が自殺衝動に駆られるウイルスに感染してしまう!これが『全世界規模の集団自殺騒動”悪夢の1週間”』というやつで、笑いながらビルの屋上から飛び降りて死んでいくというヤツ!そして、このウイルスに感染しなかった人が、様々な超能力を身に付けるんだよね!で、この超能力を持った少年少女(オジサンもいるけど!)たちによるバトルを始めるって展開!

ただね、主人公の太輔が北を目指し始めてていた時に知り合った、ヤンキー系のトラック運転手の稜さん(女)の仲間たちは、この自殺ウイルスに感染していなくて、しかも超能力も持っていなかったから、全世界規模の集団自殺騒動というもの少し変かもしれない!あくまでも地域限定の騒動なのかもしれない!

それに太輔の姉も感染していなかったからね!みんながみんなウイルスに感染するわけじゃないみたい!特定の人だけ感染している感じで、その辺りが少しわかりにくかった!誰が感染して、誰が感染しないのか、その辺りの謎みたいなのは5巻まで読む限りでは分からない!この先分かるのかな?

当初の物語は、親友の広瀬にさらわれた幼馴染の恵を助けるために旅をするだよね!それで途中で勇太や奈美と知り合って仲間になっていくわけ!で、広瀬がいる敵側にも色んなキャラがいるんだけど、こっちの方が個性豊かで面白い!

で、5巻まで読むとようやく敵側の目的が”アクロの心臓”にあることが分かってくるわけ!それが何なのかは、イマイチ不明なんだけど!

ちなみにアライブって第一部が9巻までで、9巻からラストが第二部になるらしい!最終的には、太輔と恵がくっ付いちゃう感じらしいけど、色んな感想などを見ていると中身の濃い時間を一緒に行動してきた太輔と奈美にくっ付いて欲しいと思う人が結構いるんだよね!

確かに、太輔と恵が一緒にいるのって1巻くらいしかないし!5巻までの話だけど!少し読み進めないと面白さが伝わってこない作品の1つかもしれないね!