【シャッフル学園(1巻)感想】連続殺人鬼バーサス中身が入れ替わってしまった私立烏山学園2年2組22名+猫1匹の戦いが熱い!奇想天外な設定が面白すぎ!

アクション・スポーツ

シャッフル学園(1巻)感想(少しネタバレあり)
ホリユウスケ

シャッフル学園(1巻)感想

クラスメイト達が入れ替わっちゃって殺人鬼と壮絶なデスゲーム(?)を繰り広げちゃう学園サバイバルホラーが『シャッフル学園』です。殺人鬼と戦うってのはいいとして、味方(生徒たち)が入れ替わっちゃうってのは、かなり新鮮!でも、殺人鬼は生徒の誰かと入れ替わったりしないのかなって気もするけど、どうなの?シャッフル学園1巻ってスタートが好きなんだよね!

可愛い女の子が、

『私 つまらない人間なんです』

なんて意味深なことを言って始まる!

最初は『何?』って感じだよね!山奥でトラック運ちゃんが、この彼女をヒッチハイクしたらしいけど、この運ちゃんの手つきが下心アリアリって感じで、どうなるのかと思った!

すると女の子が

『実は私
 殺人犯なので
 逃亡中なんです』

とのこと!もうヤバすぎ!もしくは、サイコ入ってるよね!石でカップルや大学生らしきグループを次々殺したなんて話されたら、怖さとヤバさの両方に見舞われちゃう!そして、この女の子がおもむろに化粧やかつらなどを外しだし、運ちゃんを殺してしまう!ついでに、そのファミレスを爆発させて、まとめて殺してしまうわけ!

もう、この先どうなるのって感じ!そして、話が変わって主人公(鈴森静馬)が通う高校に、この連続殺人鬼が乗り込んでくるわけ!でも、ヘリコプターから発射されたビーム(?)って何なのかな?これで生徒たちが入れ替わったわけだし!ちょっと面白くなってきた!