【シワワセ~呪いの指輪(1巻)感想】絵の怖さが最高!謎の指輪をはめると幽霊(?)が現れる!?同級生の事故死!松田の妻に降りかかる災難とは!

ミステリー・ホラー

シワワセ~呪いの指輪(1巻)感想(少しネタバレあり)
兎屋まめ

シワワセ~呪いの指輪(1巻)感想

絵が怖くて思わず読んで読んでしまったのが『シワワセ~呪いの指輪』です。婚約者(小野香澄)と一緒に結婚式場に訪れる主人公の斉木祐也!その結婚式場で偶然再会するのが、かつての友人の松田!『最高の式を!』なんて応援してくれる松田だけど、祐也と香澄を見送るその目は、少し”思うこと”がある感じ?昔の祐也は、訳あり?それとも松田に問題あり!?

そういえば、昔の友達と10年ぶりという再会だけど、何か松田はそんなに嬉しそうじゃない感じもしたよね!何か隠し事でもあるのかな?仲良かった友達となら、普通は興奮しちゃって、むかし話に花が咲きそうだけどね!

2人を見送った松田は、自分のロッカーで指輪を発見する!変わった模様が気になるも、従業員の誰かのものだと思い、机の上に置いてそのまま退社してしまう!

松田は、部屋の戻りシャワーを浴びていると、妻が戻ってきて松田のカバンから指輪を見つける!松田の妻は、自分に買ってきてくれたものだと思い、早速自分の指にはめてみることに!松田も深く考えないで妻に指輪をあげてしまったけど、よくよく考えてみると、誰が自分のカバンに入れたのか考えてしまう!確かに机の上に置いたはずなのに!

松田の妻が嬉しそうに指輪を眺めていると、背後から亡霊(幽霊?)のような怪人が・・・

はっきり言って1巻だけでは、全くわからない展開が、正直気になるけど、怖そうだと思わせる展開に興奮!多分ホラー展開になるんだろうけど、いろいろ気になる!