【言えないことをしたのは誰?(1巻)感想】何かこんな学校嫌だなって思ってしまう!養護教諭・莉生の孤軍奮闘に涙が出てくる!

ヒューマンドラマ

言えないことをしたのは誰?(1巻)感想(少しネタバレあり)
さいきまこ

言えないことをしたのは誰?(1巻)感想

なんか色々この学校は問題あるんだろうなということが分かるのが『言えないことをしたのは誰?』という漫画!ストーリーとしては、養護教諭の莉生が過去(現在も?)の性暴力の負の連鎖を食い止めるために孤軍奮闘する感じ!ただ、他にも遅刻ばかりの生徒とか、色んな問題を抱えていそうな生徒がいるんだけど、他の先生がクズ過ぎるというか、やる気が無いというか、見ているとどうもイライラしてしまう!仮にこんな職場で働こうとしたら、すぐに嫌になってしまいそうで怖いね!

でも、この学校の教師は、何かと問題がありそうだよね!まず、1話で生徒同士がぶつかって倒れてしまった生徒の対処のことで、馬見塚先生だけど、どうも安直すぎるよね!そして、この校長先生もそう!明らかに莉生に余計なことをするなといわんばかりの物言い!そして校長に説明する馬見塚先生の態度もそう!まず、お前の対応に問題があっただろ!そこに対しては、どうなんだよって感じ!ここ中学校だよね?今どきの中学校の教師や校長ってこんななの?

小松川さんの遅刻の多さにしてもそうだけど、明らかに問題を抱えていることが分かるよね?それを馬見塚先生は『心が弱い!』と決めつけてかかるしね!物事を決めつける人って、それに対して関りを持ちたくない証拠ともいえる!ただ、莉生もこの時点では、問題の核心に触れていないから、中途半端な報告をすることを避けてはいるんだけど・・・

でも、何て言うのか、確かなことが分からなければ報告(相談)もできない組織ってどうなのかなとも思ってしまう!で、一応本作の核心に迫っていくのが杉崎先生だよね!一見爽やかな好青年風だけど、『実は・・・!』って感じ!

でも、こんな責任逃れしたがる教師や校長の学校なんて嫌だな!でも、これが今の学校の本質なのかな?子供のイジメ事件なんかを見ていても、責任の所在みたいなことが曖昧だからね!本作のような教師の不祥事をテーマにしたような作品は、読み進めていくのが辛いんだけど、重たいテーマでもあり、とても興味深く読める!