【聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1巻)感想】乙女ゲーム中に聖女召喚されたはいいが、昔なじみの女に『私が聖女です!』と宣言され、追放された真の聖女の冒険譚が痛快すぎる!

SFファンタジー

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1巻)感想(少しネタバレあり)
原作:吉高花、漫画:じさま、キャラクター原案:縞

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました(1巻)感想

何か似たようなのがあったような気がしながら読んだのが『聖女のはずが、どうやら乗っ取られました』という漫画!ストーリーとしては、乙女ゲーム中に聖女召喚されてしまった主人公だけど、同時に召喚されたのが昔なじみの面倒くさい性格のヒメという女!何かと主人公に絡み、陥れようとする女らしい!で、ここでも、このヒメに『私が先読みの聖女です!』と宣言されてしまい、主人公は成すすべもなく追放されてしまうことになる!そして移送中にヒメの差し金か、盗賊に襲われ九死に一生を得ることになる。ここで神父に拾われて、旅することになるわけ!

まあ、最近は聖女モノも多くなってきたけど、何か似たようなストーリーがあったような気がしてならない。本作は、某小説投稿サイトでも人気の作品!聖女の座を奪われてしまった真の聖女の逆転人生ストーリーといったところ!そして、これに同行するのが、神父と思われていたが、実は加護のスキルを持った凄い神父さんらしい!そして目を治してあげた猫の魔獣と一緒に隣国に行って治療師でもやろうという算段らしい!

まあ、1巻だけだと判断しにくいけど、もう少し読んでみたいと思わせる漫画ではある!