【WORST(1巻~5巻)感想】やっぱり面白い!5巻で新四天王(中島、ゼットン、キングジョー、好誠)の時代が終わって次世代編が始まるって感じだね!やっぱ、クローズか読みたいかも!

不良・アウトロー・任侠・裏稼業

WORST(1巻~5巻)感想(少しネタバレあり)
高橋ヒロシ

WORST(1巻~5巻)感想

相変わらずの面白さの『WORST』!やっぱり面白い!ちょうど5巻で天狗の森での鳳仙と鈴蘭の5対5のタイマンの決着がつくね!そして、新四天王(鳳仙学園のキングジョー、黒焚連合の中島信助、武装戦線の武田好誠、鈴蘭のゼットン)が一応全てケリが付いて、次世代のメンバーに引き継がれていくことになる。3年生軍団に一応の決着がつくからね!武装の場合は、五代目から六代目になる。惜しむべきは、まさか好誠が病気でフェードアウトするとは思わなかったけどね!戦線の中では、好誠が一番マトモで好感が持てる存在だったのに・・・手術に向かう際に鈴蘭のゼットンと鳳仙のキングジョーが見送りに来たのは良かったね。PTA中島は、一応餞別があったね!

WORSTって、月島花がメイン主人公なんだけど、周りの人物も個性的だったりする。また、それぞれのストーリー(鳳仙や武装、その他もろもろ)も独立して面白いので長く読むことができる!ただ、WORSTを読んでいると、もう一度クローズを読み返したくなるね!なんだかんだで登場人物が重なっているし、ストーリーもつながっている!

5巻までだと花の活躍もあるけど、新四天王の引退のストーリーでもあるよね。花の世代につなげるための”つなぎ”的なストーリーだったりする。

もう一度、ワーストから通して読んでみたい!